独学からの東大受験[改]
現在大幅改装中…。
Menu

独学アイコン スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独学アイコン 「人を動かす」デール・カーネギー著 山口博訳 

「人を動かす」デール・カーネギー著 山口博訳東大とは直接関係がありませんが、人生で為になるので、早めに読んでおきたい本です。

デール・カーネギーさんの本の中でも特に人気があるこの「人を動かす」。
「人間関係でうまくいかない」、「どうしたらもっと良い人になれるのか」ということがテーマとなっています。

私がもっているこの本は、何回も読みすぎて、本の帯がボロボロになってきています。
 
スポンサーサイト

独学アイコン 「成功のコンセプト」 三木谷浩史著 

「成功のコンセプト」 三木谷浩史著2回連続で成功ノウハウ本、そして社長が著者の本を更新することになりました。
三木谷浩史さんといえば、あの楽天市場の社長ですね。
TBS買収や、東北楽天ゴールデンイーグルスで話題になった方です。

この「成功のコンセプト」、三木谷社長が初めて書いた本と言うことですが
ビジネス書や成功哲学書の入門書として、とても素晴らしい出来となっています。
 

独学アイコン 「どん底からの成功法則」 堀之内九一郎著 

「どん底からの成功法則」 堀之内九一郎著

「マネーの虎」を見ていた方ならご存知かと思います。
年商102億円のリサイクルチェーン「生活創庫」の代表取締役、堀之内九一郎社長。

信じられないかもしれませんが、堀之内九一郎さんはなんと元ホームレス。
彼がどのようにしてホームレスから脱却し、人生を大きく変えていったのかがわかる作品です。
 

独学アイコン 「ザ・マインドマップ」 トニー・ブザン バリー・ブザン 神田昌典訳 

ザ・マインドマップ トニー・ブザン 神田昌典

マインドマップを提唱したトニー・ブザン公認の「マインドマップ入門書」。
「マインドマップ」という呼称は、日本ではなんと商標登録されているんだそうです・・・。

書店に行けば、フォトリーディングや成功哲学の本などと大体同じ棚においてあります。
この本を置いていない書店は見たことない気がします…。
 

独学アイコン 「道は開ける」デール・カーネギー 香山晶訳 

道は開ける デール・カーネギー

自己啓発書を2連続更新。D・カーネギーさんの「道は開ける」。
一体どういった本かというと、悩み事や心配事を解決するための本です。

アメリカ国内にとどまらず世界中で売れまくっているこの本。日本では280万部突破。
カーネギーさんの本の中では少し分厚いほうですが、非常に読み応えがあります。
 

独学アイコン 「思考は現実化する」 ナポレオン・ヒル、田中孝顕翻訳 

思考は現実化する ナポレオン・ヒル

成功哲学の入門書でもあり、実践書でもある「思考は現実化する」。
成功哲学を学んで合格したい!とか富を手に入れたい!とか幸せになりたい!と思う人にはもってこいの本。

ナポレオン・ヒル博士が20年にわたり研究しつくした「成功」への道筋がびっしり書かれています。
600ページ以上のとても分厚い本ですが、頑張って読み尽くしましょう!
 

独学アイコン 新・受験技法 2009年度版 - 東大合格の極意 / 和田 秀樹 

新・受験技法 2009年度版
新・受験技法 2009年度版 - 東大合格の極意 / 和田 秀樹

和田先生の名前を知らない人は少ないと思います。
数学は暗記だ!新装改訂版中学生の正しい勉強法などで知られる先生です。

その和田先生が東大受験の為だけに書き下ろした「新受験技法 - 東大合格の極意」の2009年度版が5月に発売されました。

僕はこの本を書店で立ち読みしたら、すぐに購入を決定してしまいました。
衝動買いはいけませんが、かなり衝撃的な本です。
皆さんに直接文章を読んでほしいのですが、ネットで立ち読みできないのが難点です。 笑

この本の魅力は、東大教授の言葉を引用した問題研究。
そして東大合格者から直接集めた資料による、受験対策。


東大受験系の本では、僕が読んできた中で一番内容が濃い。(気がします)
(この本より内容が濃い書物を知っている方は、ご連絡ください)

※東大受験の専門書となるので、東大以外を目指している人にはお勧めできません。
 
 

独学アイコン まだ買ったばかりですが…「成功はゴミ箱の中に」 

成功はゴミ箱の中に

「成功はゴミ箱の中に」 レイ・クロック

レイ・クロックさんの自伝を紹介します。
タイトルのインパクトが異常。なかなかつけられないタイトルですね。

この本はレイ・ロックさんの自伝なのですが、レイ・クロックとは誰か?
答えはMのマークのファーストフード店を作った人!


もうわかりましたね。レイ・クロックさんはマクドナルドの創業者です。

まだ途中までしか読んでいませんが、自伝ということで、マクドナルドはいかにして創られたのか、
いかなる苦難があったのかがはっきりとわかる作品です。

独学アイコン 今まで読んだ本一挙公開! 

読書 本 山積み

左側のメニューで少し紹介されていますが、今まで僕が読んできた本を一挙公開します。

ウィンドウショッピング風です。
詳細を見たいときは本の表紙をクリックしてくださいね。

リンク先は楽天にぶっ飛びます!




独学アイコン 今読んでいる本/読み終わった本 

読書中 本

どうでもいいかもしれませんが、今読んでいる本と読み終わった本をタイトルのみ紹介します。

参考になるかな 汗
 

独学アイコン 「今日から始める「やる気」勉強法」吉野敬介、安河内哲也著 

今日から始める「やる気」勉強法

「今日から始める「やる気」勉強法」吉野敬介、安河内哲也著

吉野先生と安河内先生は誰でも知っているんじゃないかと思います。
吉野先生が古文、安河内先生が英語の講師ですよね。

その2人が「やる気」を高めるための秘訣を僕らに教えてくれます。
「今日から始める」と書いてありますが、もうこの本を開き読み始めた瞬間やる気が湧いてくる、恐ろしい本です。

ハリー・ポッターの入っちゃいけない図書館の中にある、開いた瞬間ページから人の顔が出てくる本、それくらい恐ろしい。

独学アイコン 「E判定東大合格の理由は東大値」羽林サトル・羽林 由鶴 

E判定東大合格の理由は〈東大値〉
「E判定東大合格の理由は東大値」羽林サトル・羽林 由鶴

最近、読書記録を更新しまくってます。
さて、「普通に東大入試を受験、合格!」で有名な、羽林サトルさんら著の本。

「何故あの先輩が、東大へ!?」と思ったことがありますか?
何故なのかは、この本に書いてあります。
僕もこの本を読むことで、あの先輩が東大へ入学できた訳がはっきりとしました。

はじめに東大値を計るための、簡単なテストがありますが、このテストの結果を見たとき、きっと驚愕…。
落胆しなくても、これから東大値を身に付けていけば、きっと大丈夫です。

独学アイコン 「頭脳の果て」 ウィン・ウェンガー/リチャード・ポー著、田中孝顕訳 

頭脳の果て

「頭脳の果て」 ウィン・ウェンガー/リチャード・ポー著、田中孝顕訳

一見「脳化学の専門書」のように見えますが、実は「脳化学の視点から編み出された、脅威の加速学習法を誰にでも分かりやすく解説した本」なのです。

この本の最大の特徴は、論理的・科学的でありながら中学生でも分かりやすい事。そしてノウハウが誰にでもタダでできるという事です。
そのノウハウこそが「イメージ・ストリーミング」。
このブログでしまこーが毎日トレーニング中。

始めは苦戦しますが、誰にでもできる。
しまこーのようなアホにでもできる。

独学アイコン 「あたなもいままでの10倍速く本が読める」 ポール・R・シーリィ、神田昌典訳 

あなたもいままでの10倍速く本が読める

「あたなもいままでの10倍速く本が読める」 ポール・R・シーリィ、神田昌典訳

タイトルが凄まじい作品。

思わず、いわゆる''ジャケ買い''をしてしまいそうだ。
ウィン・ウェンガー博士著の「頭脳の果て」でホンの少ししか触れられなかった「フォト・リーディング」のノウハウを紹介している本。
10倍って書いてあるけど、この本の著者を含めた研究者たちは分速69万語ぐらいで読んでるので、10倍どころじゃない。1ヶ月に90冊近く本を読む人も紹介されている。

思わず、新手の詐欺かと思ってしまう。
詐欺かどうかは、この本を開いてから判断しよう。
スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。