独学からの東大受験[改]
現在大幅改装中…。
Menu

独学アイコン スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独学アイコン なぜアインシュタインは天才だったのか? 

アルベルト・アインシュタイン

ノーベル賞を受賞し、「20世紀最大の理論物理学者」と言われるアインシュタイン。
相対性理論と、舌を出している写真であまりにも有名です。

「子供の頃から極端に成績とかよかったんじゃないの?」と思われるかもしれません。
しかし、彼は高校を退学処分になり、大学受験に失敗しています。
では、なぜ彼はあれほどの業績を残した、いわゆる“天才”だったのでしょうか?

 
スポンサード リンク


 
 
◆アインシュタインの人生

そもそも、アインシュタインは子供のころ失語症により話すことも困難だったといいます。
そのため周りの大人たちからは精神薄弱だと思われていました。

高校を退学し、大学受験に失敗し…それでも彼は頑張りました。
やっとのことで大学へ入学し、学士課程を修了したのですが、教授陣からの大学での仕事も、推薦状をもらうことさえできなかったのです…。

そこで彼は特許事務所で働くしかありませんでした。
20代半ばまでの彼の人生は、「平凡」だったといえます。



◆予期せぬ快挙

そんなアインシュタインが26歳の時、E=mc^2という有名な公式を含む「相対性理論」を発表しました。
さらにその16年後、彼はノーベル賞を受賞し、世界的に有名になりました。

・・・あまりにも唐突すぎます。
彼が亡くなってからもう50年近くたちますが、今でも歴史に残る素晴らしい人物であることは確かです。

ではなぜ彼はあれほどの快挙を成し遂げたのでしょうか?



◆勝手にアインシュタインの頭脳を…

「アインシュタインには、私たちに無い何か特別なものがあったのか…?」、それが病理学者である、トーマス・ハーベイの一番の関心ごとでした。

アインシュタインが亡くなったとき、偶然にも彼がアインシュタインの遺体を解剖することになったのです。
そして彼はアインシュタインの家族の許可なしに、独断でアインシュタインの脳を取り出してホルマリン漬けにして保管しました。
さらに他の研究者がアインシュタインの脳を欲しければ、一部を分けてあげたりしました。…信じられない話ですね。


その後、アインシュタインの脳の研究者の一人である、マリアン・ダイヤモンドが、その結果わかった驚くべき事実について発表しました。



◆シナプスこそが天才を測る基準

アインシュタインの左脳頂葉の神経膠細胞(しんけいこうさいぼう)の数が多いことがわかったそうです。
神経膠細胞には、神経細胞同士を接着材のようにくっつけたり、神経細胞にシグナルを伝える手助けをする働きがあります。

また「神経解剖学の父」と呼ばれているサンティアゴ・ラモン・イ・カハールは「シナプスという神経細胞同士をつないでいるものの数こそが天才を測る基準である」と発表しています。


マリアン・ダイヤモンドの実験で有名なものがあります。

何匹かのラットをブランコや足踏み車などのいろいろな遊び道具を備えた刺激的な環境に置きます。
それに対し、別の何匹かのラットはまったく何もない籠の中に閉じ込めます。

前者は、3歳という長生き(人間でいう90歳)をし、さらに脳が大きくなっていたのです。
さらに詳しく調べると、神経細胞同士の結合が非常に多かったようです。

一方後者は、成長が途中でとまり、寿命も短く細胞同士の結合も少なかったそうです。



◆脳の成長と学習は切っても切れない関係

人間の脳は、学習すればするほど細胞同士を繋げる部分が増えていくことが明らかになっています。
逆に学習をやめると、脳の成長はとまり、細胞の接続部分は消滅していきます。

脳の成長と学習は切っても切れない密接な関係にあるのです。

ラットの実験と同様に、脳に十分な刺激を与えフルに活用すれば、第2のアインシュタインを生み出すことも、可能なのかもしれません。



◆関連サイトへジャンプ!!
東大受験生ブログランキングへ 久しぶりに「頭脳の果て」から記事を更新しました。
学生ブログランキングへ アインシュタインと同様に
FC2ブログランキングへ エジソンも大人になるまでは
人気ブログランキングへ 平凡な人生だったらしいです。
にっぽんブログ村へ 彼らはそんな人生を努力で
ベスト進学ネットブログランキングへ 塗り替えて「天才」になった人たちなのです。


Clock clock
自作飛行機で空を飛ぶことを夢見る少年・不破航はその処女飛行中に時空を越えてきた美少女・レベッカと遭遇する。
彼女の先生、アインシュタイン博士を捜すため、そして彼女を守るため、少年はいつしか冒険の旅に…
渾身のタイムトラベル・アドベンチャー!!

本体価格 552円 (税込 579 円) 送料別

 
 
[ 2008/07/18 14:45 ] イメージ・ストリーミング | TB(0) | CM(7)
しまこーさんはじめまして。
パーマ屋と言います。

大変興味深い記事です。
アインシュタインが突然凄いことをやれたのは、
シナプスのおかげなのですね。

アインシュタインの人生には興味があります!

ではまた。
[ 2008/07/18 21:21 ] [ 編集 ]
お世話になっております。
以前コメントさせていただきました、けんしろうと申します。
とても正確に調べられた情報が紹介されており、とても参考になるブログだと感じました。
そこで私のブログにリンクを設定させていただきました。
リンクを設定させていただきましたページのURLは
http://memoria.meblog.biz/article/1170016.html
です。
ご迷惑であればご連絡ください。
そしてもしもご迷惑でなければ、私のブログと相互リンクしていただけるとこれほどの光栄はございません。
ブログ名は
記憶術 絶技!! 使えない記憶術を使える記憶術へ!
URLは
http://memoria.meblog.biz/
です。
なにとぞよろしくお願いいたします。
[ 2008/07/18 23:11 ] [ 編集 ]
>ロイドさん
アインシュタインは常に考えることで、シナプスを成長させていたんだと思います。
偉大なことを成し遂げるには、まず考えてシナプスをつなげよう!というウィン・ウェンガーからのメッセージかな?

>けんしろうさん
リンクありがとうございます。
私も記憶術には大変興味があります。
近々右の相互リンク集の欄にリンクを貼らせていただきます。
[ 2008/07/19 22:31 ] [ 編集 ]
どうもしまこーさん
はじめまして。

ぼくみたいな憂鬱な受験生が多い中明るい情報を提供し続けるしまこーさんは受験生ブログには今までで数少ない人材なのではないでしょうか??
出来れば今後は成果とかも乗っけてもらえればうれしいです。

さて今日は相互リンクしてもらいたいのですがOKでしょうか?

お互いがんばりましょう!!
[ 2008/07/20 10:34 ] [ 編集 ]
リンクありがとうございます。

こちらのほうもリンク完了しました。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2008/07/21 18:33 ] [ 編集 ]
>32155さん
返信が遅れて申し訳ございません。

相互リンクありがとうございました。
貴重な情報と褒めていただき光栄です。
更新するのに時間がかかるのが難点です・・・ね・・・^^;
[ 2008/07/22 00:26 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/06/06 17:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。