独学からの東大受験[改]
現在大幅改装中…。
Menu

独学アイコン スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独学アイコン 「どん底からの成功法則」 堀之内九一郎著 

「どん底からの成功法則」 堀之内九一郎著

「マネーの虎」を見ていた方ならご存知かと思います。
年商102億円のリサイクルチェーン「生活創庫」の代表取締役、堀之内九一郎社長。

信じられないかもしれませんが、堀之内九一郎さんはなんと元ホームレス。
彼がどのようにしてホームレスから脱却し、人生を大きく変えていったのかがわかる作品です。
 
スポンサード リンク


 
 
◆成功本には少ないストーリー型

成功本や成功哲学書では、ほとんどノウハウが項目ごとに別れており、小説が好きな方には退屈なものになりがちです。

この本はなんとノウハウが項目に分かれておりながら、ストーリー性も重視されているのです。
堀之内社長の自伝としても気楽に読める作品とんっています。

さらに、この本は強いリアリティを持っています。
自分がまさかホームレスにはならないと思っていたこと、そしてホームレス仲間から言われたきつい一言など、体験談が濃く描かれています。



◆努力だけで社長になる、という常識破り

借金取りに追われ上京し、東京の浜松駅で一文無しになり、そこからホームレス。
その人がまさか社長になるなんて、当時は誰も思っていなかったでしょう。

たとえば堀之内社長がホームレス時代、「社長になるんだ!」と言っても多くの人が「無理だよ」と笑っていたと思います。
成功には誰かの意見ではなく、自分の意思が大切だということが、この本を読むとはっきりします。

自分の意思でどれだけ頑張れるか…。
死ぬ気で頑張れれば、年商100億の社長になることも夢ではないのです。



◆ナポレオン・ヒル博士の成功哲学通り

ナポレオン・ヒル博士の研究結果に近いものをいくつか感じます。
たとえば堀之内社長の「人一倍働き、人一倍努力する」はナポレオン・ヒル博士の「プラスアルファの魔法」。
堀之内社長は文中で何度も「目標」の重要性を述べていますが、これもナポレオン・ヒル博士は「願望の設定」でほとんど同じことを書いています。

『堀之内社長の体験談を読めば、「思考は現実化する」がどれだけ効果を持っているのかわかる』という優れものです。


「ホームレスだった私が年商102億の社長になれたのだから、あなたももっと大きな夢を持っていいのです。」――と堀之内社長は話しています。
リアルで説得力があり、原動力となるこの本。一度読んでみることをお勧めします。


 
 
[ 2008/08/08 22:35 ] 参考書などの読書記録 | TB(0) | CM(4)
俺のところ以上に人気ブログランキングバナーがウザいな
[ 2008/08/10 07:01 ] [ 編集 ]
やっつけで作ったので、さすがに差し替えました。
[ 2008/08/10 11:56 ] [ 編集 ]
カーッ!変わってねぇ!
クリックで確認?しらじらしいぜ!

しょうがねぇなぁ…俺のところのリアディゾンリンクやるよ…
[ 2008/08/11 09:00 ] [ 編集 ]
貧乏東大生のブログのリアディゾン?
あれはブログランキングだとわからない代物だよな。

ということで、いらねーな。いらねーよ!
[ 2008/08/11 09:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。