独学からの東大受験[改]
現在大幅改装中…。
Menu

独学アイコン スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独学アイコン 頭脳の可能性 

アメブロのメンテナンスがやっと終わりました・・・。



数学者のジョン・フォン・ノイマンによると、人間の脳は280000000000000000000(2垓8000京)ビットのメモリーを保存できるそうです。

また、脳の作業速度は最低100フロップ~最高100000テラフロップ(つまり100000000000000000フロップ、つまり10京)だそうです。



ゼロ多すぎだろ。


スポンサード リンク




さて、「頭脳の果て」で紹介されていたスーパーコンピュータCM-5のフロップ数は10の11乗フロップでした。

頭脳は10の17乗フロップというということで、頭脳の圧勝というわけですが・・・。


このCM-5は実は1993年にできたもので、2006年最速のスーパーコンピュータはIBM社のBlueGene/Lなのです。


そのBlueGene/Lはどんな実力かというと・・・。


パフォーマンスは2006年11月で最も速いIBM社のBlueGene/Lで280.6テラフロップスになっており、1993年6月で最も速かったシンキングマシーン社のCM-5/1024(59.7ギガフロップ)の約4,700倍になっている。

引用元 http://www2u.biglobe.ne.jp/~machi-IT/kongo9.html


この10年間で4700倍のスピードになっているわけですが、、、結局のところ頭脳が圧勝



2桁の掛け算にも時間をとってしまう我々は、頭脳を有効利用していないことが分かりますね。




学生ブログランキング

東大受験生ブログランキング

[ 2008/03/11 12:43 ] イメージ・ストリーミング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。