独学からの東大受験[改]
現在大幅改装中…。
Menu

独学アイコン スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独学アイコン イメージ・ストリーミングの効果 

僕が毎日トレーニング中のイメージ・ストリーミング(通称イメスト)。

トレーニング方法はこちらから

日本ではフォトリーディングほど広がってはいませんが、かなり強力なツールであることは間違いないです。
それではイメストはどれくらいの効果があるのでしょうか?



スポンサード リンク




夢と同じようにイメスト中は、いろいろなものを見たり匂ったりするわけですが、練習すれば練習するほどイメージはリアルさを増してゆき、強く脳を働かせていきます。

イメスト中の人は神経学から見れば、驚くほどフル回転します。

イメージ内で風を受けたり、音を聴いたり、何かを見たり、創造したりとありとあらゆる活動をしながら、脳内でイメージを作り出す。
このように信じられないことどうやって人間の脳内でイメージ・ストリーマ(イメストをしている人)は可能にするのでしょうか?
それは、脳内の反対側に位置する''枝''同士をつなげることによって可能にするのです。

今、日本では能力活性化ブームですので、左脳と右脳の重要性は皆さん良く分かってらっしゃると思います。
あのゲームで右脳を鍛えようとか、文字を書いて左脳を鍛えようとかもうほとんど日常茶飯事になっているような気がします。
ただ、脳を活性化するのに重農なのは左右のバランスだけではありません。
脳の機能は上下や前後によって、より細かく分割することが可能です。

左右だけでなく立体的に、脳の反対側の''枝''をつなげることが必要になるのです。
つまり''枝''同士をつなげてゆけば、分からない数学の問題が理解しやすくなったり、漢字が今まで以上に暗記しやすくなると言う事です。


アハ体験やDSで脳トレをしている人も多いと思います。
習慣化している人はもちろん続けてください。
「DSをやめてイメストの方がいい」なんて無理に言いませんから。

しかし、イメストはタダで出来る、そして効果が高いことをウィン・ウェンガー博士が25年間かけて実証してきました。

一見ビックリする加速学習法ですが実践あるのみです。
[ 2008/03/18 21:55 ] イメージ・ストリーミング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。