独学からの東大受験[改]
現在大幅改装中…。
Menu

独学アイコン スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独学アイコン フォトリーディング ステップ2「プレビュー」 

※関連記事
フォトリーディングをはじめましょう
フォトリーディング ステップ1「準備」

遅くなりましたが、フォトリーディングのステップ2「プレビュー」についてです。

文章のパターンを知るのがプレビュー。
プレビューをすることによって、文章の理解速度が速まります。

プレビューには3つの段階があります。

  1. 文章全体を調査する。
  2. キーワードを見つける。
  3. 読書方針の再検討(読むかどうかを決める)

スポンサード リンク


FC2ブログランキングへ



  1. 文章全体を調査する。
    本を読む前にまず、全体を見渡しましょう。
    調査を行うことで、文章の構成がよくわかり、どのように読めばよいのかがわかります。
    以下の項目を調査しましょう。
    ・本のタイトルとサブタイトル
    ・表紙、および裏表紙に書かれた文章
    ・目次
    ・著作の日付
    ・索引
    ・本の場合は最初の最後のページ。その他の書類の場合は、章の最初と最後の段落
    ・見出し・小見出し・および太字部分や傍点がつけられた箇所
    ・囲み、図、表、およびその説明
    ・概要、要約、章末の設問


  2. キーワードを見つける
    文章を読んでいるとき、ある言葉が突然目に飛び込んでくることがありませんか?
    目に飛び込んでくる言葉、それがまさしくキーワードです。
    約20ページおきにページを開き、目につく言葉をチェックしてみてください。
    索引でページ番号の数が多い言葉に注目しましょう。
    記事の場合は5~10個、本の場合は20~25個のキーワードを実際に書き出してみてください。
    この作業はリラックスして楽しみましょう!

  3. 読書方針を再検討
    プレビューの最終段階です。自分自身に以下の言葉を問いかけてみてください。
    「この文章は、このまま読むに値するか?」
    「さらに内容を知りたいか?」
    「読み続ければ、目標を達成できるか?」、もしくは「目標自体を設定しなおす必要があるか?」


    文章のうち重要なものは20%だけといわれています。
    この20%にあてはまるかどうかを自問自答しましょう。


プレビューに時間をかけすぎると、通常の読書に慣れた左脳だけに頼る結果となり、右脳の巨大なデータベースへアクセスできなくなる可能性があります。
ついつい長く読んでしまうという人は、1分でプレビューをすませポストビュー(フォトリーディンの後にプレビューをすること)に重点を置きましょう。





参加中です。投票してくれるあなたは神様
東大受験生ブログランキング
学生ブログランキング
[ 2008/05/18 11:37 ] フォトリーディング | TB(0) | CM(2)
巨大データーベース機能「右脳」へのアクセスが大きな鍵なのですね。

とても勉強になります。

応援ぽちっ!
[ 2008/05/20 17:45 ] [ 編集 ]
返信が遅くなってしまいました!

右脳へアクセスできれば、かなりの情報を脳に詰め込むことが可能です。
フォトリーディングを開発した人たちは「特許法」か何かをフォトリーディングしたとか…
[ 2008/06/25 16:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。