独学からの東大受験[改]
現在大幅改装中…。
Menu

独学アイコン スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独学アイコン 合格者は「一芸型」「バランス型」「要領型」の3パターン 

三角形 トライアングル

合格者の各教科の点数配分を分析していくと、あるパターンが見えてくるそうです。(参考文献)

大きくわけると、合格者には3パターン。「一芸型」「バランス型」「要領型」の3つ。
(名前から内容は把握できるかもしれません・・・。)

東京大学以外でも、慶応や早稲田でも、地方の大学でも、大きくこの3つに別れるそうです。
自分は一体どのタイプか?それを考えれば、合格までの計画が無理なく自然に出来上がります。


無謀な勉強計画を立て、失敗した・・・。「もう東大は無理だ・・・」。(管理人経験済み)

2度とそう思わないために、自分のパターンを把握してみましょう。
 
スポンサード リンク


 
 
「一芸型」とは?
名前の通り、ひとつの強化に強いタイプです。
数学が際立って点数がいい、国語が天才的…など、クラスに一人はいるタイプですね。
苦手科目がとことん足を引っ張る可能性が高いのも事実です。

東京大学は全ての教科で高得点を取る必要がないのです。
つまり、受験科目の点数の合計が、合格点に達していればいいのです。
しかし、なぜか世間一般では全教科できる人=東大生というイメージが強い。
一芸型でも点数配分さえ間違えなければ、十分東大に受かるといわれています。


「バランス型」とは?
これも名前の通り、全ての教科の点数がほとんど同じというタイプ。
バランスが取れた点数を叩き出すので、点数が高ければ3タイプの中では一番恐ろしい存在。

東大生のイメージが強いのもバランス型。
管理人は文系のイメージがあります。(偏見ですね)
ただ、すべての点数を上げていこうと思うと、壁にぶつかってしまう可能性が高いのです。
そこで勉強をやめてしまうか、見切りをつけ「一芸型」もしくは「要領型」に別れるそうです。


「要領型」とは?
容量型ではありません。もっとも合格率が高いらしいです。
苦手科目を合格点数ギリギリまで上げたら、そこでやめてしまうタイプ。

3タイプの中でもっとも効率が良いタイプになります。
ギリギリのイメージが強いので合格すると、「え?なんで●●君が東大に?」という
本のタイトルみたいなリアクションをされる可能性大。


テストの成績から、この3つに分けることができると思います。
タイプ別計画の立て方についてはまた後日に。


なんで、私が東大に!?(09年版)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
もともとデキる生徒が難関校に受かっても、それほど珍しいことではない。
ところが、四谷学院では高校時代はパッとしなかった生徒が1年でみるみる学力を伸ばし、超難関校に合格していく。
「科目別能力別授業」と「55段階個別指導」のダブル教育システムで学んだからだ。
他の予備校の追随を許さない、四谷学院独自の学習システムを徹底紹介する。
好評を博した前作を「国公立大」にしぼり内容を充実。
受験生、父兄、教育関係者必読の書。



FC2ブログランキングへ

参加中です。投票してくれるあなたは神様
東大受験生ブログランキング
学生ブログランキング


[ 2008/06/11 22:47 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。