独学からの東大受験[改]
現在大幅改装中…。
Menu

独学アイコン スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独学アイコン フォトリーディング ステップ3「フォトリーディング」 後編 

※関連記事
フォトリーディングをはじめましょう
フォトリーディング ステップ1「準備」
フォトリーディング ステップ2「プレビュー」
フォトリーディング ステップ3「フォトリーディング」 前編

フォトリーディング ステップ3の後編。
後編が一番重要です。ここが欠けているとフォトリーディングを行えません。

また前編では「フォトリーディングの準備」「高速学習モード」「アファメーション」について説明しました。
後半ということで「フォトフォーカス状態」「ページをめくる間、安定した状態を保つ」、そして「プロセスの終了」までを説明したいと思います。


スポンサード リンク


 
 
4. フォトフォーカス状態に入る
フォトリーディングで最も重要といえるかもしれないのが「フォトフォーカス状態」という目の使い方です。
簡単に説明すると、「両方のページを見る」目の使い方をすればいいのです。
ただ間違ってはいけないのが「焦点をぼかす」のではないということです。

目の前に本を広げ、本の4つの端を意識してみるようにすると、真中に筒状のページが見えると思います。
これを俗に「ブリップページ」と呼びます。
このとき、本に書かれた文字はぼやけて見えなくなりますが、大丈夫です。情報はちゃんと右脳へ伝達されます。

ブリップ・ページは慣れるまで時間がかかります。また、初挑戦だとなかなか難しいのも事実です。
その時練習に使えるのが、マジカル・アイというシリーズの本です。

このシリーズではたいてい「交差法」とか「平行法」と言われる目の使い方をしますね。
その目の状態は、どちらともフォトフォーカス状態と言えます。
慣れてない人は「マジカル・アイ」シリーズをお勧めします。(管理人も修行経験あり)

余談
フォトフォーカス状態では、決して文字は読めません。(最初のころは特に)
また、フォトリーディングでは文字を読む必要はありません。
なぜこの状態がベストなのかというと、文字を認識する機能をおもに司るのは左脳だからです。
少しでも文字が目に入ると、左脳が働き右脳への巨大なデータベースへアクセスするのを邪魔します。

夢を見ているとき、なぜか文字を読んでいないのに文字を認識できるという経験はありませんか?
右脳が活発な人ほどよく夢を見るといいますね。
文字を読むのは左脳の仕事です。右脳がほとんど支配している夢の世界で、左脳の活動は制限されるのです。

つまり、読まなくても右脳は認識してくれるのです。不思議!
また、フォトフォーカス状態で見ることを「ソフト・アイ」を使うとも言ったりします。


5. ページをめくる間、安定した状態を保つ
さぁ、ついにペラペラめくる作業に入ります!
  1. 背筋を伸ばして座りましょう。
    このとき足は床につけ、組まないようにします。
  2. 呼吸を深く、一定に保つようにします。
  3. 1~2秒ごとに1ページのペースで、ページをめくっていきます。
    見開きのページを「ソフト・アイ」で同時に見ていきます。
    ブリップ・ページが見えない場合は、本の四隅を意識しましょう。
  4. ページをめくるリズムに合わせて、「リラックス、リラックス・・・」などと単純な言葉を繰り返しましょう。
    ※ページを飛ばしても気にしない!またあとでフォトリーディングすればいいのです。
    ※雑念が湧いてきたら、意識をページをめくる作業に戻して、単純な言葉を繰り返すようにしましょう。



6. 達成感とともにプロセスを終える
最後までページをめくり終わると、誰でも「本当に大丈夫だろうか?」と思ってしまいます。
意識上で何もわからないため、潜在意識で何も得られていないような気分になります。

ただ、ここで「どうせ何も覚えられなかった」とか「できないだろうな」と思ってしまうと、
脳へ「フォトリーディングで得たものはすべて忘れろ!」と命令しているようなもの。
それほど脳へ直接ダウンロードした情報は敏感ということです。

こういうミスをしないためにも、終了のアファメーションをしておきましょう。
以下の言葉を心の中で唱えましょう。
「私はいま、この本の印象をじっと感じています。」
「取り込んだ情報は、頭の中に吸収されて、整理されました。」
「私はこの情報が取り出せることを、いろんな形で実感できるのが楽しみです。」

こう唱えることで、フォトリーディングを安心して終えれると同時に、脳の潜在意識が最善の活動をしてくれます。


以上でフォトリーディングステップ3についての説明は終わりです。
いやー、長かった。質問があれば随時更新できる範囲で、回答したいと思います。




僕と先輩のマジカル・ライフ

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「先輩、ぼくの推理を聞いてもらえますか?」―幽霊が現れる下宿、
地縛霊の仕業と噂される自動車事故、学校のプールに出没する河童…。
大学一年生井上快人の周辺におきた「あやしい」事件を、キテレツな先輩長曽我部慎太郎、
幼なじみの川村春奈とともに解きあかす!
ジュブナイルのミステリーキング・はやみねかおるが贈る、ちょっぴり不思議な青春キャンパス・ミステリ、ついに登場。




参加中です♪ 投票で救われる管理人がいる!
東大受験生ブログランキング
学生ブログランキングFC2ブログランキング

[ 2008/06/12 23:54 ] フォトリーディング | TB(0) | CM(2)
おはようございます

マジカル・アイは楽しみながらできるし、部活の先生も動体視力を養えると推奨すておられました。

今週の週刊東洋経済は速読を特集していましたよ。

応援してます!ポチッ!
[ 2008/06/17 08:08 ] [ 編集 ]
週刊東洋経済見逃しました…。
マジカル・アイは小学校のころからやってましたね。
結構苦手でした(-_-)

それにしてもあなたのサイトの相互リンク先すごいですね^^;

返信ポチぃ!
[ 2008/06/25 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。