独学からの東大受験[改]
現在大幅改装中…。
Menu

独学アイコン スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独学アイコン 東大受験、成功哲学など、使えるメールマガジンいろいろ 

メールマガジン 成功

電車に乗っていて、「情報源は常に手元に置きましょう!」の時のように、本を読めれば勉強時間を効率よく増やすことができます。

しかし、電車内が込み合っていてどうしても座れないときや、バックの中から本を取り出すスペースさえないときが、結構あります。
本をバックに入れ忘れたときなどは、たとえ混んでいなくても、風景を見てしまいます。

「どうしても、もったいない時間をつぶしたい!」

そんなときにお勧めなのが、メールマガジン!
ということで、メールマガジンおすすめサイトをいくつか紹介しましょう。
 
スポンサード リンク


 
 
◇メールマガジンのメリットと注意

携帯電話にメールマガジンを登録しておけば、大抵の場合どの場所でも、求めている良質な情報を読むことができます。
また、電車内ではない場所でも、気軽に読むことができます。
(例:バス内、タクシー内、新幹線内、月面

また、飛行機内では携帯電話の電源を入れることができないので、残念ながら読めません。

歩きながら、自転車に乗りながら読むのは事故ります。
吉祥寺公園口だと間違いなく死にます。小●急バスや京●バスに轢かれます。


では、メールマガジンサイトを紹介していきましょう。



◇東大受験系メールマガジン

◆普通に東大入試を受験、合格!
普通に東大入試を受験、合格!
http://todai.step13.cc/


羽林サトルさんのメールマガジン。「E判定東大合格の理由は東大値」の著者ですね。登録している人は多いと思います。
メールマガジン内で、受験生同士の交流が行われるのも大きな特徴。毎日配信。



◆高校中退から東大へ for 大学受験
高校中退から東大へ
http://todai.biz/


ニャロメさんのメールマガジン。地方の高校を中退してから、独学のみで東大へ合格した方。
究極の東大受験攻略法が、週刊で送られてきます。




◇成功哲学系メールマガジン
SSIのメールマガジンしかないけど紹介。


◆ヒルズ・メッセージ
ナポレオンヒル
http://www.n-hill.com/mailmagazine/


毎朝、成功へ導くための心構えや教訓を教えてくれます。
受験とは直接関係はありませんが、人間として大切なことを教えてくれます。毎日配信。



◆ジョセフ・マーフィーの「幸せとお金の法則」
ジョゼフマーフィー
http://www.ssigrp.com/jm-mail/mailmagazine/


夢を叶えてなりたい自分になるになるためのメールマガジンです。
お金をついつい使ってしまう人、お金の使い方を学びたい人は必読。毎日配信。



◆アファーメーションメール
アファーメーションメール
http://www.affirmation.jp/


フォトリーディングで紹介したアファーメーション。アファメーションと言ったりもします。
このメールマガジン最大の特徴は、自分に効果的なアファーメーションを気楽に言い聞かせることができることです。毎日配信。



◆速聴ドットコム
速聴.com
http://www.sokucho.com/mailmagazine/


今までのメールマガジンとは一味違い、速聴について教えてくれます。
潜在能力を引き出したいあなたには打ってつけです。毎週水曜日配信。



もったいない時間を作らないためにも、興味のあるメールマガジンに是非とも登録してみてください。

1億稼ぐ!メールマガジン私の方法1億稼ぐ!メールマガジン私の方法

<書籍化決定直後、インターネット界の起業家たちからクレームの嵐!>
金持ちお坊ちゃん→起業失敗→借金返済のため肉体労働→メールマガジン「毎日1分!英字新聞」創刊→8万人購読、年商2億に。
『1日1分!英字新聞』の著者としても知られる氏の体験ノウハウと発想法を開陳。

本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別

東大受験生ブログランキングへ 学生ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
にっぽんブログ村へ ベスト進学ネットブログランキングへ

 
 
 
 
[ 2008/07/01 19:42 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。